少し前に、インフルエンザになってしまっ

少し前に、インフルエンザになってしまってクリニックに行きました。どのくらいの潜伏期間なのか明確ではないのですが、インフルエンザにかかっている人と接触の機会があって感染したのだろうなと考えられます。
3日間にわたって高熱が続いて苦しい思いをしました。インフルエンザは高い熱が出続けるので、普段ひく風邪より苦しい思いをしますね。
便秘を改善するのに効果的なものは、乳酸菌が摂取できるサプリです。腸内環境を整えることの大事さはわかっていても、ヨーグルトや乳酸菌飲料などに苦手意識がある人も多いです。
連日乳酸菌を含む食品を口にするのは大変です。
それが、乳酸菌が含まれたサプリメントなら、お手軽にちゃんと乳酸菌をとりいれることができますから、便秘の解消に役立ちます。乳酸菌を取り入れると色んな効用があります。

 

 

 

まず、腸内にいる善玉菌を増殖させて悪玉菌を抑え、腸内環境をより良くします。

 

その結果に、免疫力がアップして、たくさんの健康効果を得ることが出来ます。アトピー性皮膚炎に良い効能があったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。

 

乳酸菌は体全体の健康を促進する効果が高いと言えます。ここ最近の研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌が高い効果を誇るということがはっきりとわかってきました。
というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで全てを防ぎきることは出来ません。
乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力がアップして、インフルエンザを防いでくれたり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。

 

ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、「親から虐待されてるんじゃないか?」と言われる程、かなりひどい見た目でした。
いろんな治療法を片っ端からやってみても、殆ど、効果がなかったのに、住む場所を変えたところ、いきなり肌が綺麗になり、あれほど酷かった痒みもおさまりました。スパッと環境を変えてみるのも、アトピーに効果的かもしれません。

 

 

一般的な乳製品でなくても、乳酸菌入りの食品があると知り、いったい、どういうものだろうと調べてみました。

 

 

いろいろ検索し、そしたら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、化学反応によって乳酸を作り出す菌類のことになるのだそうです。

 

これって知ってましたか?生まれて30年以上生きて来て、生まれて初めて知った事実です。
インフルエンザにかからないための注射に伺いました。

 

 

 

注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見て注射を接種しています。

 

注射が終了した後は怖かったーと表現していました。

 

見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も口できませんでした。

 

息子がアトピーだと医者から診断されたのは、まだ2歳の頃でした。

 

膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、かゆみ止めとしてステロイドを貰いました。

 

 

そうして2年ちょっとステロイドを与え続けて、気をつけながら子供の様子に注意していたのですが、かゆみを繰り返し起こし、一向に回復した、という状態までいきませんでした。

 

そのため、ステロイド剤を漢方薬の投与に変更し、食事の見直しも行ってみたら、子供が小学生になる頃には、アトピーの症状は鎮静化しました。便秘のツボでよく知られているのは、へそから左右に指2本分くらい離れたところに天枢(てんすう)です。

 

 

 

後、へそ下5cmくらいの場所にある腹結(ふっけつ)というツボも効果があります。手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。便秘のタイプそれぞれによっても、効果があるツボが違うので、自身に適したツボを押すと改善につながるでしょう。

 

 

 

あなたがインフルエンザと診断されてしまったら、何をおいても栄養をしっかりと、摂るために食事をしなくてはいけません。

 

お薬ももちろん大事ですが、何より栄養を補給することも重要です。

 

 

一刻も早くインフルエンザを完治させるためにも、水分と栄養の補給は忘れずに行いましょう。

 

朝昼晩と食欲がわかなかったとしても、胃に優しくて栄養があるものをできるだけ摂るようにしてくださいね。